読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sisters-traveler’s blog

姉妹で旅の思い出を。

G.W.フランス旅🇫🇷 (2)

今回のフランス旅行は羽田からパリへANAで行きました✈︎

アルザスへは2泊3日で行ったので、最初と最後はパリ泊です。


f:id:sisters-traveler:20170525231051j:plain

スマホで撮った写真ですが、ANAのラウンジできつねうどんを。

機内食が苦手なので、搭乗前におなかをいっぱいにしてから出発します!

羽田発の国際線のときにはこのうどんを食べると旅行モードになれる気がします。笑


12時間のフライトのあと、シャルルドゴール空港に着いたのは17:00頃。


今回はマドレーヌ寺院の近くのホテルに泊まったので、オペラ座行きのRoisy busで向かいました!

簡単にチケットが買えて、オペラ座まで止まらないので安心して向かえます(*^^*)


f:id:sisters-traveler:20170525231619j:plain


ホテルに荷物を預けて出発する頃にはもう19:00を過ぎていましたが、まだ4月の終わりだったのにこんなに明るかったです!

21:00を過ぎるまでは明るかったかと。


到着した日の晩ごはんは大好きなあるものを食べに向かいました♡


お店の紹介は次回書きます!



G.W. フランス旅🇫🇷

f:id:sisters-traveler:20170520233230j:plain


G.W.は家族でフランスへ行ってきました。

目的はずっと昔から行きたかったアルザス地方へ行くこと。


ドイツとフランスのいいとこどりのような素敵すぎる街でした。


次の記事から詳細を書いていきます☺

記事の1枚目の写真は美女と野獣に出てきそうな井戸。@リボーヴィレ


f:id:sisters-traveler:20170520232841j:plain

かわいすぎる窓枠。@リクヴィル




フィンランド旅行⑧ ヘルシンキ編

4日目からは、ロヴァニエミ→ヘルシンキへ移動しました。

ヘルシンキに着いて足早々に向かったのはこちら

f:id:sisters-traveler:20170305203314j:plain

マリメッコ本社♡

ヘルシンキ中央駅から最寄り駅まで電車で15分程度。最寄り駅から

本社までは徒歩10分程度です。

ここでは、アウトレット商品が買えるほか社員食堂が使えます♪

f:id:sisters-traveler:20170305203420j:plain

写真が上手く取れなかったのですが、サラダやスープ等ヘルシーなメニューが味わえます。

ランチが終わればいよいよショッピング☆

f:id:sisters-traveler:20170305203616j:plain

可愛い柄の食器やインテリアが沢山置いていました♡

新作も日本で買うより1-2割ほどお安く手に入ります。

マリメッコ好きな方はもちろん、そうでない方もウニッコ柄を見ると

全部可愛く思えてきます(笑)

私ももともと興味がなかったのですが、ウニッコ柄に心惹かれて

あれやこれやと大量に購入してしまいました(;^ω^)

※おまけ※ 防寒具について

オーロラを観測する際に気になるのが、防寒具

私も行く前、いろいろなサイトを検索し準備しました。

実際に持っていったものを記載しますね。

寒さはほぼ感じなかったです☆

 

(足元)

スノーシューズが絶対おすすめです。私はAB〇マートで購入しました。

ロヴァニエミは道にも雪が残っているのでスノーシューズがあると安心です。

これ一足で街歩きもオーロラ観測もできました。

●裏起毛タイツ(100デニール)の上にヒートテック靴下もしくは、ウール系の靴下を重ね履きし、靴下に貼れるカイロ

※裏起毛タイツは本当に暖かいです。

(ボトムス)

ヒートテックパンツの上に、山岳用のシャカシャカパンツを重ね着

街歩きの際は、シャカシャカパンツはなし

 

(トップス)

下着の上に、長袖でタートルネックヒートテック

その上に冬物のニット(素材にはこだわっていません)

ニットの上に、少しもこもこしたパーカー

パーカーの上に腰まであるダウンコート

ダウンコートの上に山岳用のパーカー(防水、風よけ抜群です)

※腰あたりに貼れるカイロ貼りました

オーロラの際は、首の後ろにも貼りました

※街歩きの際は、ニットの上にダウンで過ごしました。

(頭)

耳まで隠れるニット帽 ※街歩きでも必須

(手)

ウール系と防水系が2枚セットになった手袋 ※街歩きでも必須

(首)

ウール生地のマフラー オーロラの際は鼻の下まで隠れるとベストです

※街歩きでも必須

 

一緒に行った友人は、一番上にスキーウェアを着ていました。

こちらも寒さをあまり感じなかったようです。

 

 

フィンランド旅行⑦ オーロラツアー2

ロヴァニエミ3日目の夜は、オーロラ最後のチャンス!!

せっかく来たので、昨日とは別のツアーに行きたいねとのことで

「モイモイ号」に申し込みました。確か85ユーロだった気がします。これまた

ホテルの横のビルにツアーデスクがあるので、とってもラクチン♪

集合場所もホテルのロビーです。こちらのツアーも日本人の方がツアーコンダクターが付くので安心です。

20時過ぎにホテルを出発し、明かりのない山奥へ21時過ぎに到着。

ここでは夫婦が営んでいる小屋で暖を取りながらオーロラの到着を待ちました。

素敵なご夫婦が出迎えてくれました☆

奥様手作りのマフィンやクッキーが頂けます。

f:id:sisters-traveler:20170304225139j:plainf:id:sisters-traveler:20170304225152j:plain

暖を取りながら、オーロラを待っているとツアー案内人の方が

「そろそろオーロラ出るかもです!」と小屋に呼びに来てくれました。

慌てて防寒具を着て、観測場所に行くと・・・

 

f:id:sisters-traveler:20170304230417j:plain

f:id:sisters-traveler:20170304230439j:plain

だんだん明るくなってきて、カーテンのようなオーロラが空に現れました!!

オーロラが見えた瞬間は嘘か、本当かも分からず無我夢中で空を見上げていました。

言葉では言い表せないほど、美しく「生きててよかった」と心から思えました。

 

この地域では9日ぶりにオーロラが見えたらしく、運の良さに心から感謝しました。

2時間ほど、観測をし、興奮した状態でホテルに24時ごろ到着しました。

 

フィンランド旅行⑥ 子供の頃に夢見た…♡

ロヴァニエミ3日目の朝は、誰もが子供の頃夢見た

あの方に会いに・・・♡

ホテルからタクシーで15分走ると、とある村に・・

f:id:sisters-traveler:20170302232720j:plain

朝焼けがとても綺麗です☆

ワクワクしながら、建物に入り、ちょっとした列を並んでいると

ついに扉が開かれます。扉を開くとそこには…

そう!サンタクロース!!!

とっても素敵な笑顔で出迎えてくれ、写真を撮ったり、絵葉書にサインまで

もらえました♡語学も堪能で日本語で話しかけてくれました。

f:id:sisters-traveler:20170302233439j:plain

子供心が抜けない私は、サンタクロースに会えた瞬間が一番テンションが上がった気がします(笑)

 

念願のサンタクロースに会った後は、下のオフィスでお手紙書きを☆

こんな感じでたくさんのはがきが集まっています。

ショップで好きな絵葉書を選んで、大切な方へメッセージを♪

f:id:sisters-traveler:20170302233807j:plain

絵葉書以外にも、サンタクロースから直接メッセージが届くシステムもありました。

手紙を書いた後はポストへ☆

普通郵便とクリスマスに届く用と2つ用意されています。

私は迷わずクリスマスに届く用ポストへ☆

届くのが楽しみ♪

f:id:sisters-traveler:20170302233825j:plain

フィンランド旅行⑤ オーロラツアー1

2日目の夜は旅のメインイベントでもあるオーロラツアーへ

某旅行会社さんから申し込んだ「オーロラバス ロヴァニィ号」ツアーに参加しました。

宿泊先であるホテルが集合場所なので、とってもラクチン♪

21時頃ホテルを出発し、光のほとんどない場所についたのは21:30頃。

スノーホテルがある村のようばところに着きました。

到着すると、日本人のガイドさんがスノーホテルの中とオーロラ観測地を案内してくれます。

スノーホテルの中はこんな感じ↓

バーや実際に宿泊できるお部屋も見せてくれます☆

f:id:sisters-traveler:20170302232029j:plain

f:id:sisters-traveler:20170302232052j:plain

オーロラが出るまでの間、暖を取る小屋もありました。

このツアーではソーセージと暖かい飲み物が付いています☆

f:id:sisters-traveler:20170302231959j:plain

残念ながら、この日はオーロラがぼんやりとしか見えず、23:30頃スノーホテル

を出発し、24:00頃ホテルに到着しました。